今年度分 新規お問い合わせ・ご依頼に関するご注意

外壁調査 -赤外線/打診

経年劣化や大地震によって崩落するリスクがある外壁を調査する義務があります。近年明確化されたガイドラインにそって、赤外線カメラや打診による外壁調査サービスをご提供しています。

建築物定期報告内で
必要となる外壁調査

建築基準法12条によって定められる特定建築物(特殊建築物)等の定期報告業務において、建築物の定期調査項目に外壁の状態の調査が含まれています。近年国土交通省が明確化したガイドラインにそって、タイルやモルタルなど経年劣化や地震によって崩落の可能性のある外壁は、目視や打診・赤外線カメラによって調査・報告する必要があります。

[ヘルプサイト]外壁調査とは

建築基準法12条の定める調査において、外壁調査の位置を示す図です。

厳密な調査が必要となる
外壁面

建築物の壁面の全面かつ当該壁面高さの概ね2分の1の水平面内に、公道、不特定または多数の人が通行する私道、構内道路、広場を有するもの。但し、壁面直下に鉄筋コンクリート造、鉄骨造等の強固な落下物防御施設(屋根、庇等)が設置され、または植込み等により、影響角が完全にさえぎられ、災害の危険がないと判断される部分を除きます。

全面調査が必要な外壁の定義を示すイメージ図です。

コスト面でも
営業活動的にも
負担の少ない赤外線カメラ

全面打診のための足場やゴンドラは費用負担も大きく、何日間にもわたって建物の外見に与える影響も考えると商業施設に対する営業活動への負担もあります。

赤外線カメラ撮影調査は天候条件と撮影ポジションさえ確保できるならば、コスト面でも営業活動面でも負担の少ない外壁調査であると言えます。

全面打診調査と赤外線カメラ調査の比較

全面打診調査と赤外線カメラ調査のコスト比較図です。

高精度
業務用赤外線カメラを使用

外壁調査に関わる建築基準法改正後まもなく、国内・国外の赤外線カメラの実際の使用感を比較・検討した結果、世界的なシェアを誇るFLIR社の業務用ハイエンドモデルの高精度赤外線カメラおよび専用解析ソフトを私たちはいち早く導入しました。

高い解像度での赤外線撮影ももちろんのことながら、可視画像の同時撮影も問題なく行えます。

全面打診調査と赤外線カメラ調査のコスト比較図です。

赤外線/打診併用調査
参考費用

建築物調査内の場合

※特定建築物(特殊建築物)定期調査も同時に発注頂く場合です。
赤外線/打診 外壁調査 350円〜/平方メートル
報告書作成費 50000円〜
交通費・出張経費等 当社負担

任意自主管理調査の場合

別途お見積り

定期報告の内容

ご対応する建築基準法12条に定められる定期調査報告の種類についてご説明します。

定期報告の流れ

お問い合わせから報告書提出にかけてのおおまかな流れをご説明します。

参考料金

当事務所は物件をひとつひとつ精査してお見積りします。過去のケースに基づいた費用を参考にして下さい。

建築定期報告を基本から知る

定期報告制度について、非専門職の方も理解しやすいように基本からご説明するヘルプサイトです。

建築定期報告ヘルプセンター
PDFファイル 約2.5MB

建築定期調査報告サービス
検討用資料のダウンロード

サイトの内容とほぼ同じ内容をPDF資料にまとめたものをダウンロードできます。社内検討等でご利用下さい。

ダウンロード

お問い合わせ

定期報告にお悩みのご担当者様
  • 建築物定期報告の督促状がきた・・・
  • 外壁診断・調査報告のコストをおさえたい

モバイルの場合
番号をタップすると電話がかけられます。

03-5486-5840

資格保有者全員が遠隔地調査などの場合、お問い合わせ内容によっては一次受付の後、折り返しご連絡申し上げます。