特定(特殊)建築物/設備
定期報告費用

北海道から九州まで実績あり。対応可能か気軽にお問い合わせください。
提出手数料・各種経費込の総額 [税別]
5万円〜

見落としがちなポイント

  • 表記費用に行政への提出手数料は含まれていますか?
  • 表記費用に遠隔地の交通費は含まれていますか?
  • 初回書類作成が別途費用になっていませんか?
  • 大規模な建築物になると別途見積で高そう・・・

当事務所の場合

  • 提出手数料は原則的に当事務所が負担します。
  • 原則的に旅費・交通費はサービス致します。
  • 図面があれば初回調査でも別途費用はかかりません。
  • 5千m²以上の案件でコストパフォーマンスが良い傾向です。

お問い合わせ

定期報告にお悩みのご担当者様
  • 建築物定期報告の督促状がきた・・・
  • 外壁診断・調査報告のコストをおさえたい

単位面積コスト比較:参考資料

当事務所A社B社
特定建築物調査22.4pt34.8pt28.1pt
建築設備検査26.2pt29.8pt23.4pt
赤外線外壁調査対応対応非対応
初回書類作成費用込み込み別途
提出手数料込み別途別途
交通費・経費込み別途別途

※当社調べによる、何種類かの用途・規模の建築物を混合して算出した単位面積あたり費用の平均値の比較です。

ケーススタディ:参考費用

CASE1

集合住宅+店舗 複合施設

階数 地上8階
延べ床面積 1660m²
建築物調査(必要な年度のみ) 50,000円
建築設備検査 80,000円
提出手数料 当社負担
交通費・経費 なし

解説

小規模な集合住宅と店舗の複合施設です。集合住宅は比較的コストを抑えることが可能です。

CASE2

病院

階数 地上4階 / 地下2階
延べ床面積 2770m²
建築物調査(必要な年度のみ) 60,000円
建築設備検査 80,000円
提出手数料 当社負担
交通費・経費 当社負担

解説

小〜中規模の入院施設をもつ地方病院です。

CASE3

集合住宅+店舗 複合施設

階数 地上8階
延べ床面積 3550m²
建築物調査(必要な年度のみ) 115,000円
建築設備検査 50,000円
提出手数料 当社負担
交通費・経費 なし

解説

築40年以上の小〜中規模の集合住宅です。複数の店舗や商業施設が複合した建築物となっております。

CASE4

病院

階数 地上4階
延べ床面積 7660m²
建築物調査(必要な年度のみ) 120,000円
建築設備検査 120,000円
提出手数料 当社負担
交通費・経費 当社負担

解説

中規模の入院施設をもつ病院です。

CASE5

ホテル・旅館

階数 地上5階 / 地下1階
延べ床面積 6890m²
建築物調査(必要な年度のみ) 100,000円
建築設備検査 150,000円
提出手数料 当社負担
交通費・経費 当社負担

解説

遠隔地に立地する中規模のホテル・旅館です。立地的に対応不可能な競合が多い中、当社は交通費・経費込にもかかわらず高いコストパフォーマンスを実現できました。

ホテル・旅館の定期報告サービス
CASE6

公衆浴場

階数 地上2階 / 地下1階
延べ床面積 2550m²
建築物調査(必要な年度のみ) 80,000円
建築設備検査 110,000円
提出手数料 当社負担
交通費・経費 なし

解説

一般的にスーパー銭湯とも呼ばれる公衆浴場のケースです。

CASE7

大型ホテル・旅館

階数 地上5階 / 地下1階
延べ床面積 11380m²
建築物調査(必要な年度のみ) 130,000円
建築設備検査 140,000円
提出手数料 当社負担
交通費・経費 なし

解説

延べ床面積が10,000m²以上の比較的大きいホテル・旅館です。この規模の建築物の場合、当社のコストパフォーマンスは非常に高くなる傾向があります。

ホテル・旅館の定期報告サービス

定期報告業務概要

建築基準法12条に基づく特定(特殊)建築物を対象とする定期報告業務の概要です。

定期報告の内容

ご対応する建築基準法12条に定められる定期調査報告の種類についてご説明します。

定期報告の流れ

お問い合わせから報告書提出にかけてのおおまかな流れをご説明します。

建築定期報告を基本から知る

定期報告制度について、非専門職の方も理解しやすいように基本からご説明するヘルプサイトです。

建築定期報告ヘルプセンター
PDFファイル 約2.5MB

建築定期調査報告サービス
検討用資料のダウンロード

サイトの内容とほぼ同じ内容をPDF資料にまとめたものをダウンロードできます。社内検討等でご利用下さい。

ダウンロード

お問い合わせ

定期報告にお悩みのご担当者様
  • 建築物定期報告の督促状がきた・・・
  • 外壁診断・調査報告のコストをおさえたい

モバイルの場合
番号をタップすると電話がかけられます。

03-5486-5840

資格保有者全員が遠隔地調査などの場合、お問い合わせ内容によっては一次受付の後、折り返しご連絡申し上げます。