事例一覧
事例紹介

生活介護福祉施設 グループホーム

高い法令基準のクリアとコストパフォーマンスの両立

概要

世田谷区にて「認知症対応型共同生活介護」(通称認知症型グループホーム)施設の、基本計画・設計・監理を手がけました。

構造は壁式鉄筋コンクリート造、地上3階建て、建築面積195㎡、延床面積は518㎡となっております。本プロジェクトは建築基準法以外に老人福祉法・介護保険法・消防法・東京都建築安全条例・世田谷区中高層建築物条例・世田谷区ユニバーサルデザイン推進条例・世田谷区みどりの条例・その他関係法令及び条例に適合する必要があり、加えて昨今の介護福祉分野における厳しい予算運営の関係上、高いコスト対策が必要とされました。

経緯

平成24年秋に、既にグループホーム事業を運営されているクライアント様から世田谷区内に他の施設を建設したい旨のご依頼を受け、事業用地の選定および設計検討を重ねた結果、最終的に当該地で設計・建築をすることが決定し、プロジェクトはスタートしました。

特徴

各階に9人入居する9部屋と30㎡以上のリビング、3つのトイレ、バス、スタッフルームが1ユニットとなり、最新設備のEVを設置した3階建て、合計3ユニットの施設となっています。

居住者のプライバシーの尊重を重視しつつ、共同生活を家庭的な雰囲気で快適に過ごせることに重点を置き設計されております。清潔感を醸し出すホワイト系と、温かさを感じる淡いピンクやベージュ系のカラーコーディネートに気を配り、スタッフも含めた機能性をもつ動線を追求しました。

施工:山岸建設株式会社

お問い合わせ

建築関連でお悩みのお客様
  • 建築設計・不動産購入のお悩み
  • リフォーム・建築確認申請のお悩み