メッセージ

株式会社タツキのコーポレートサイトをご覧頂き、この度は誠にありがとうございます。

弊社は株式会社でありますから、当然のことながら売上・利益を確保しなくてはなりません。しかし「建築」という人々の生活基盤に密接に関係する事業領域において、社会に少しでも貢献すること、より生活しやすい住環境に寄与することが、わたしたち建築士の最も重要なミッションであると考えます。

私たちは2008年頃より、特定(特殊)建築物として分類される公共性の高い建築物の安全性を調査する法定検査業務が本格事業化し、今現在も継続しております。2012年におきましては、公立学校体育館の検査など、公共サービスに非常に近いところでの業務を多く受注いたしました。そして2013年においては、グループホームの企画・設計業務に取り組み、介護の現場を間近に見ることができました。

また、2010年代以降、個人向け建築設計業務・建築請負業務および不動産取引を中心とする業態から、主に法人向けの建築設計業務・法定調査業務中心の業態へ大きく転換する方向に舵を切りました。2017年頃からその転換は定着をし始め、現在は法人施設に対する法定調査業務をコアとしつつ、小規模公共・民間建築物を中心とした設計業務等を受託しております。

ビジネスモデルはB2CからB2B中心のものへと大きく変わりましたが、建築物の公益性に対する貢献を目指す姿勢においてはなんら変わりはありません。私たちの業務が少しでも社会に貢献できれば。そのような思いで、所員一丸となって取り組んでまいりますので、今後とも変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

ミッション

安心・安全・快適な住環境・社会インフラの構築と持続性に貢献する。

ビジョン

建築資産に関する様々な課題に、最適な解を提供できる建築士集団となる。

バリュー

  • 建築コンプライアンス遵守を優先する建設的な対話姿勢。
  • 現状に甘んじることなく、常に工夫と最善策を考え続ける風土。
  • 業界の空気感にとらわれすぎない、多様な働き方。
クッキー(Cookie)機能を有効にして再度アクセスしてください
(追跡・トラッキング用途のサードパーティークッキーを除く)