沿革

1980 現代表取締役は東京都立大学工学部建築学科博士課程において 長倉研究室の元で、学校建築の数多くのプロジェクトに携わる。
・日比谷高校プロジェクト
・横浜商業プロジェクト など
1983 設計事務所創業の後、有限会社樹建築設計事務所(たつきけんちくせっけいじむしょ)を設立。ハウスメーカーの住宅設計を数多く担当。
1985 東京いすゞ自動車機械駐車の設計部門の元で機械駐車装置の収まり図の設計を担当開始。
バブル期の時代の流れのなか、ゼネコン・デベロッパーとともに数多くの企画・基本計画を担当。
・草津リゾートマンション計画
・ライオンズマンション軽井沢計画
・浜名湖リゾート計画
・御宿マンション計画
その他数多く
1990 住宅設計業務を本格的に開始。生活導線やコスト計画論など、研究室で培ったノウハウを住宅設計へ生かす。
1994 資本金を10,000,000円に増資し株式会社タツキへ組織変更。
100%輸入住宅の企画・設計・施工を開始。
2004 不動産資産の運用・投資物件としての建築を視野にいれ、企画をトータルでサポートするために宅地建物取引業者として登録をする。
2007 建築基準法 第12条に基づく特定(特殊)建築物の定期報告業務が本格事業化
2008 定期報告業務を全国受託開始
2016 建築基準法 第12条に基づく防火設備定期検査業務の開始